桜の満開の時に丁度、南から北にかけて前線が移動して、ほとんどの桜は散ってしまった。
いよいよ新緑のシーズンが到来した。と同時に庭のいたるところから雑草が伸びてくる。まずは雑草を抜き、その後は、鬱陶しく枝が繁茂するカシを伐採した。

静かな昼下がり、時ならぬチェーンソーの音でご近所は驚かせたことであろう。カシの木は、木質は緻密で固い。伐採した幹を持ってみるとずんぐりと重かった。

幹を40㎝にカットしてナイロンひもでくくり、明日のゴミの日に出すことにしよう。
その後は、ぐんぐん伸びてきた松のミドリを摘む。今の時期なら手でも千切れるほどの柔らかさだが、少し経つと固くなって鋏でなければ切れなくなる。

手を伸ばしてミドリ摘むと、シャツに松の葉が刺さり、チクチクと痛い。それを我慢する作業が続く。

 

返事を書く

コメントを書いてください
名前を書いてください

CAPTCHA